仏検3級 過去問だけで合格点をとる勉強法を大公開

仏検合格塾のノウハウによる仏検3級の勉強方法、日程、合格点、合格率をまとめたサイト

このサイトについて

calendar


このサイトの位置付けと目的

対象:仏検3級の合格を目指す人

内容:仏検3級に合格するための情報提供

目標:月間のユニークなアクセス数を1,000以上。できれば1,500集める

ネットの現状

仏検3級に関するネットの情報は以下に分類されます。

公的サイト:APEFによる仏検主催者側の情報提供

支援サイト:フランス大使館を始めとするフランス語、フランス関連団体による情報提供

準公的サイト:大学等の教育機関による仏検、フランス語関連情報提供

営利団体サイト:仏検関連書籍出版、仏検・フランス語教育関連企業による営業、広報活動

個人サイト:以下に細分されます。

アフィリ目的:閲覧者に広告をクリックさせて報酬を得ることを目的

備忘録目的:仏検受験を記録・公開することで自分自身への動機付け目的

自慢目的:自分の経験を伝えるとは言いつつホンネは自慢…

現状では、仏検関連キーワードで検索トップにくるのはAPEFではあっても、検索上位は営利団体か報酬目的の個人サイトになっています。

「仏検3級 勉強法」とか「仏検3級 合格」などで検索するとゾロゾロと出てきますね。

良い悪いは別としても、お金を稼ぐことが目的のサイトなのです。

これでは仏検3級に合格したいと考えている人にお金を使わせることが最優先となり、本当に必要な情報提供は二の次にされるか、お金を使わせるエサにされてしまいます。

本サイトの目的

では本サイトの目的ですが…

「仏検合格塾」での仏検3級受験のノウハウを公開することで、月間のアクセス数を1,000以上としたい。できれば1,500を超えたいということです。

近年仏検3級出願者は3,000人強、実際の受験者は3,000人弱です。

このサイトのユニークなアクセス数が1,000だと仏検3級受験者の3分の1が見ている、1,500だと仏検3級受験者の半分が見ていると言うことができます。

次に、そのアクセス数を根拠に京都に加え全国4か所(東京・名古屋・大阪・福岡)で仏検合格塾を展開します。

なぜ仏検3級なのか

仏検3級は非常にバランスの取れたフランス語の試験で、しかも簡単には合格できません。

動詞の時制も接続法を含めて主要なものがカバーされています。

あまり感心はしませんが受動態の出題までされています。

マークシートだけでなく筆記の試験もあり曖昧なままの記憶では得点できません。

仏検受験者が3級と4級が最も多いということも理由です。

4級はマークシートのみで出題範囲も限定的なので優先順位は3級には及びません。

仏検合格塾のノウハウとは

特別な発明でも発見でもありません。

自分自身を含めた仏検受験の経験の中で芽生え、育てたものを体系化しただけです。

いろいろな教育法や勉強法を調べると、世の中には似たようなものはいくらでもあります。

つまり取るべき戦術や戦略は王道があるということなのだと思います。

中でもヴァイオリンのおけいこで身に染み込んだ「鈴木メソッド」の誰でも育つ、教え方次第というコンセプトに大きな影響を受けていると自己分析しています。

夢は鈴木メソッドのネットワークで世界中で語学教育を広めることができればと思います。

仏検合格塾の理念

理念などというと偉そうなのですが、仏検合格塾を運営して拡げたいという意図について説明いたします。

いつもの話になりますが、フランス語を漠然と勉強していてもなかなか仏検に合格する力を身に着けるのは難しいです。

そもそも、そのフランス語の実力も伸びているのかどうか怪しいくらいです。

仏検受験には合格か不合格の2つしかありません。

その仏検に合格するということは履歴書にも記載できる明確な成果を手に入れることです。

しかも!ここが最大のメリットでもあり、おもしろいところなのですが、仏検合格限定で勉強したはずなのに、フランス語の実力が目に見えて向上しているのです!

それは自分で実感することができる驚きと充実感なので、ぜひ皆さんに味わっていただきたいです。

繰り返しになりますが、英語だけでも苦労する一般的な日本人にとって仏検は簡単な試験ではありません。

特に仏検3級以上に合格するには、覚悟と砂を噛むような努力が必要です。

それでも仏検を志す挑戦者スピリットを持つ人であれば、小学生でも老人でも同志であり大切な仲間です。

そういうかけがえのない人たちに仏検合格の達成感とフランス語実力向上の充実感の提供することが理念です。

 

ジョブズ風に最後にもう一つ

仏検合格塾のノウハウは、仏検で生まれましたが仏検限定ではありません。

いろいろ応用が利くのです。

現在英検に応用していますが、同じ語学の能力試験ということで非常に相性が良いです。

学生の試験勉強、社会人の資格勉強、いろいろなことに使えて結果が出ます。

できる人たちは、みなさん似たような方法論で実践しています。

今度はあなたが身に付け成果を出す番です!

この記事をシェアする